本文へスキップ
ホーム 菜園場本部教室 自立学習法とは
塾R
学芸塾自立トップ
 
今までの指導法は間違っているとは思いませんか?


 平成11年以降、菜園場本部教室・中学部では、黒板を使った一斉授業を廃止し、自立学習法による個別指導形式の指導をおこなっています。
 以前は黒板を使った一斉授業をしながら、個別指導も併用して、できる生徒もそうでない生徒も授業についてこれるように努力をしてきました。しかしながら、どうしても解決できない壁がありました。高知塾中段
 例えば、私立中学生対象のクラスでは、クラス順位40番台が学年順位8番まで成績が上昇した生徒もいましたし、学年順位が50番、100番以上アップする生徒は毎年続出しております。しかしながら、高学年になってくると成績が下がり始める生徒がでてきました。
また、中学の時は数学が得意で100点満点をよく採っていた生徒が、高校になると数学が分からない、数学が50点以下を採るようになったりする生徒がいました。
 なぜだろう?この子は素質があるのに、他の塾生が高得点を採ってきているのになんでこんな点しか採れないようになったのだろう?

 
原因は、生徒が塾にあまりにも依存しすぎて、自主的な勉強ができなくなってしまったからです。
塾ではテストに出そうな問題はくり返しやらせて、英単はテストをしてむりやり覚えさせて、テスト前にはテスト対策授業をしてあげて・・・
 いたれりつくせりの授業をよかれと思ってした結果、生徒は先生にあれしろ、これしろと指図されないと何もできない受動的な生徒になってしまったのです。
わからないとか、難しいと思ったら、自分で参考書を調べたり、先生に質問したり、練習問題を解いてみたり、といった当然のことができなくなったしまったのです。
先生にできないところを見つけてもらって、これをしてきなさいと指図されないと何もできないから、高校になって勉強が難しくなり、塾での勉強だけではとても対応できなくなった結果だと思うのです。
 皮肉にも、教師が熱心に指導しすぎた結果、自主性のない生徒を作り上げ、成績を下げることになってしまった。今の目先の点数だけ採れればよい、というような指導は、間違っている。
将来必ず伸びる指導をしなくてはいけない、と深く反省し、では、どうすればよいのか?
いろいろ考え模索した結果、
自立学習法の導入に至りました塾中学生
 また、従来の一斉授業の利点は、クラス全員が一定の進度で授業が進められ、先生は説明が1回で済む。という点にありますが、これは、教師側の全く一方的な都合による利点です。
 一斉授業で説明をすると、その科目が苦手な生徒や、説明の途中で別のことを考えてしまった生徒などはついて来れなくなります。そういう生徒達には、もう一度個別に説明をしなおしていました。それでは1回目の一斉授業は時間のムダだったのではないか?一方、できる生徒は、説明を聞かなくても分かっていることがほとんどです。では、できる生徒にとっても1回目の説明は時間のムダだったのか?
テスト等の答え合わせも同様、80点の生徒は20点分の説明だけを聞けばよいのに、40分間すべて説明を聞かされる。間違ったところだけ説明してもらって、間違った問題の類題を練習した方がずっといいではないか?
じゃあ、20点の生徒はというと、80点分の説明を聞かなければならないが、残念なことに、成績と集中力は比例することが多く、たくさん説明を聞かないといけない生徒は集中できなくて、後でもう1度説明しないといけない。
 この他、補習の問題、宿題の問題、など様々な問題点を解
決してくれるのが自立学習法の指導だったのです。



 

自立学習とは



★はじめに

 自立学習法は、個性を大切にしようといわれている現代の理想的かつ時代の流れを先取りした究極の教育方法と思われます。
勉強に限らず何事も、他人に指示されたことしかできない受動的なマニュアル人間にならないように、自分の力で計画を立て目標に向かって努力できる人間にならないと、社会に出てから必要とされません。
社会に求められる人間を養成するためにも自立学習法を導入するのです。
自立学習法では,主役は先生ではなく生徒自身です。
自立学習法の根本となるのは、生徒に「できるようになる」喜びを体験させ、「おもしろい。」「もっとこんな問題をやりたい。」という気持ちを大切にし、
自分からどんどん進んで勉強する自主的な姿勢を作ることです
自分からすすんで勉強ができるようになれば、成績は自然と上がるし、進学後の勉強も困ることはありません。

自立学習は、自習とは全く違います

 


★「与えられる学習」から「自ら学ぶ学習へ」

  

 長年にわたり、日本の子どもたちが受け続けてきた黒板を使った「一斉指導」。いま、この学習スタイルも曲がり角にさしかかってきたように思われます。まず、子どもたちの考え方、価値観の多様化した時代において、「一斉指導」では子どもたち一人ひとりのニーズに応えるのが困難になってきたということが考えられます。

 そのままで生徒たちの生活すべてが「受け身」になり、学習においても受け身一方になる「一斉指導」。その指導方法に一番の原因があるのではないでしょうか。
 その一方で、
子どもたちに主体性を持たせ、"自ら学ぶ力をつける"新しい学習スタイルが注目を集めています。それが「自立学習」なのです。
 「与えられる」学習から「自ら学ぶ」学習へ・・・。
いま日本の学習塾において、本来の「学習の姿」への回帰が始まろうとしているのです。


★生涯に通じるトレーニングとして

 自立学習において重要なもの、それは快適に学習できる環境です。どんな生徒でも一歩教室にはいれば勉強に集中できるような環境・・・静かできれいな教室、テキスト類を数冊広げられる広い机、リラックスして集中力を維持できる雰囲気−観葉植物・絵画・BGMなど・・・・。
そして、そのような静寂な雰囲気の中で、生徒一人ひとりが解説を読み、自分の頭で考え判断し、自分にあった問題を自分のペースで解いていくのです。
 先生は生徒たちを正しい方向へと導くナビゲーター、あるいは船長のようなもの。
ですが一斉授業ではおせっかいな船長が船をこいでいました。本来、船長は船をこぎません。こぐのは生徒です。船長は進むべき進路を示し、こぎ方を教えます。進路がそれそうになっときは的確な指示を出し目的地まで誘導します。
このように先生は生徒一人ひとりとコミュニケーションを図りながら、生徒たちは「自ら学ぶ力」を養います。生徒たちは自らの力で自ら設定した課題に向かい、単に成績を上げることだけではなく、生涯を通じて役に立つ学習スタイルを身につけるのです。
 将来、社会のなかで自分自身で物事を捉え、考え、決断し、行動できる人間になるためのトレーニングとして・・・。


★自主性をうながす教材

 いかに生徒を主役にし、いかに生徒の学習意欲を高めたとしても、自分に合った教材、自分の力で解いていける教材がなければ自立学習はできません。そのためにはあらゆる学力の生徒にも対応できるゆるやかな導入解説と、様々なレベルの問題を用意する必要があります。そして、そういった自分だけに必要な問題が瞬時に取り出せなければなりません。
 また、物事を理解し、本当に自分のものとするためには、何度も繰り返しトレーニングして定着を図るしかありません。そのためには何度でも解くことのできる同じパターンの問題が必要となります。塾R中学生
 この2つの要素を兼ね揃えた教材・・・
 それが当塾で使用している個別対応支援システムSelfeeなのです。


★自立学習は生徒が主役です。

 自立学習法の指導形態は様々有り、自立学習法を採用している全国の塾では、それぞれ工夫をこらしたすばらしい指導を実践しています。

高知学芸塾では、基本的には先生による導入はなく、生徒がテキストの解説を読んで進んでいきます。 

これでわかる生徒は、一斉授業のように説明をうける必要はありません。この導入の説明はとてもわかりやすく、また学校の授業でも説明を受けているのでほとんどは理解できます。もしわからないところがあれば、先生が個別に説明します。まず最初に自分の頭を使って、自分のペースで読み、考えるので、先生が一方的に説明するのよりもはるかに理解度が上がります。
 一斉授業のように全員一律に説明を受ける必要はなく、自分に必要なところだけ説明を受ければよいので、今までわかっているのに説明を聞かなければならなかった時間を,問題演習のための時間に有効活用できます。

 テキストを1ページ進めるごとに、先生が採点しますから、このときに理解不十分なところは個別にもう1度説明しなおします。わかるまで、何度でも説明しますから、半わかりのまま次に進むことはありません。
 間違った問題や先生にヒントをもらってできた問題は、類題をくり返し解いて定着させる必要があります。「ああ、わかった。」だけで終わってしまうと、テストのときにはできないものです。

 自分にとってくり返しやる必要のある問題、つまり、弱点対策は生徒が自分でバーコードを操作して「対策プリント」を取り出し、自分でトレーニングします。 もちろん、プリントを解いていてわからないところが出てきたら、先生に納得いくまで個別に説明を受けます。
 一連の学習の流れの中で、先生はサポート役に徹します。一斉授業のように、強引に生徒に教え込むようなことはしません。「先生が問題を解いてどうする?問題を解くのは生徒。」でしょ? 自力で解いた問題は頭に残りやすいものです。

 わからないところの調べ方、考え方、解き方を「教え込む」のではなく「アドバイスする」ような立場で、できるだけ自分の力で問題を解けるように指導していきます。・・・あくまでも主役は生徒なのです 。