「遺留捜査」再放送中 2016/6/28


「遺留捜査」 糸村 聡 2016/6/28

BS朝日で再放送中です。何度も観たことがあるのですが、また観ています。好きなドラマの一つです。

空気読めない糸村くんですが、一生懸命さは上司や同僚も認めているようで、迷惑そうにしながらも許している様子。
遺留品から被害者の心情まで解明してしまう(糸村くんの解釈にすぎないのですが)ことが良いかどうかは…。
遺留品への執着は尋常ではないですが、実質的には事件解決に貢献しているので、そこは評価に値すると思います。

体術は苦手かと思いきや、器用に立ち回って犯人の動きを止めたりして、優秀な警察官ぶりも垣間見せます。

糸村くんは不思議な人です。彼に関しては謎が多く、もっと見ていたいです。今年もスペシャルが観たいなあ。
もう、連続ドラマとしては制作されないのでしょうか。ほんとは、こっちをやって欲しいです!ダメ?

いまさら「フラジャイル」 2016/6/20


森井 岸 宮崎 2016/3/21

それぞれに、いろいろあるっぽい雰囲気で、描いてみました。宮崎先生が怒ったような表情になってしまったのが失敗。残念です。

病院を舞台にしたドラマは好きでよく観るのですが、主人公が病理医というのは初めてで、その辺りも興味深かったです。
信念を貫いているキャラクター達に好感を持ちました。どんなにたいへんでも挑んでいく姿が頼もしく、かっこよかったです。

最終話のラスト近くのシーンをイメージして描きました。晴れやかな幕開けが春に向かう季節に合っていると思いました。

森井 宮崎 岸 2016/4/3

「相棒」 シーズン14 第10話 元日スペシャル <英雄〜罪深き者たち> 2016/2/20

願い石


やっと観ました。放送終了から日が経っているし、ほとんど、あらすじ状態の短い感想ですが、ネタバレ注意










今回、事件解決の重要なキーポイントになるのが、「願い石」と呼ばれる民間伝承。(実在するか?だが、ありそうな願掛け)
ひとつの石を割って、片方を自分が持ち、もう片方を同じ願いを持つ相手に託し、肌身離さず持ち歩くことで祈願が成就するという。
上の絵で、右京と亘が持っているのは、米沢のコレクションから右京が選んだ石で、米沢が作った「願い石」。



右京は「花の里」で、三浦(ケガの後遺症で警視庁を去った元捜査一課の刑事)と再会し、本多 篤人(赤いカナリアの元幹部・現在の名前は「木本遼一」)の情報を得る。
三浦からの情報をもとに捜査する右京の行動力や着眼点は相変わらずで、ぐんぐん真相に迫っていくのは流石である。途中で邪魔が入っても、懲りずに捜査を続ける粘り強さも彼らしい。

どんな悪人でも、罪は償わなければならないが、むやみに殺すのを良しとしない右京の「やめなさい!」という制止の叫びも届かず、テロリストたちは無残な死を遂げた。
片山 雛子(内閣官房副長官)と共に新会派結成を決めていた音越 栄徳(内閣官房長官)のSPによって、射殺されたのだ。その音越も復讐のために殺され、犯人は右京の捜査に協力した植村 明梨(富山県後浦村役場の職員)であった。
明梨と柄谷 時生(孤児)は、幼少の頃、大黒 隆明(富山県選出の元国会議員・故人)に世話になっており、大黒の死の真相を知っていた。音越の策略で嘘のうわさを流された大黒は焼身自殺をした。その現場に居たのが明梨と時生だった。
本多は、彼らの復讐を手伝うために、爆破テロを行った。「あの子たち(明梨と時生)を助けて」と言っていた、亡き娘の願いを叶えるためでもあった。
それでも右京は、本多が犯した「罪」は許しはしないと思う。

明梨は音越を殺害した毒で自殺を図るが、解毒剤を持ち歩いていることを知っている右京によって救われた。生きて罪を償ってから新しい生活を始め、いつか幸せになって欲しいからであろう。

右京と亘が持っていた「願い石」。今後も持っていようということになった。もう、これは相棒の始まり?同居人から少しは相棒に近づきつつあるのかなあと思えるシーン。
いつも真実は残酷だが、こういう微笑ましいシーンが希望を感じさせてくれる。はんぶんこした石をずっと持っている、おじさんとおにいさんって、なんか可愛い。

追記 2月25日
書こうと思って忘れていたが、いままでに何度か登場した本多と娘は、今回限りで降板ということになる。雛子は議員を辞職すると言っていたが、存命である。今後の登場はあるのか?
「相棒」世界の住人が、また消えた。何事も永遠ではないので自然なことなのだが、なじみの人物が登場しなくなるのは寂しい。三浦さんのゲスト出演が嬉しかった。
加わる者がいれば去る者もいる。それは、ずっと続いていくのだろう。誰かが去るときは、去り方を熟考していただきたい。えっ、いつの間にそんなことになっていたんだ、というようなのは悲しいから。

ドラマ「コウノドリ」オリジナル・サウンドトラック 2016/2/7


BGM集とピアノ曲集の2枚セット。美しく優しいメロディに癒されっぱなしでした。今日レンタルショップに行ってみて良かったです。

BGM集は、ピアノ、ヴァイオリン、ギターなど、いろいろな楽器で演奏した曲があって、聴き応えたっぷりです。スキャットや英語の歌詞のボーカル曲もありました。
ピアノ曲集は、穏やかな曲がメインでしたが、力強い曲調のものもありました。サクラが乳児院で弾いた「キラキラ星」も収録されていて嬉しかったです。

ドラマを観ている時に好みの曲だなあと思っていました。サントラを聴いて、もっと好きになりました。

コミックス「明智警部の事件簿」1〜3 2016/2/7

 
 

明智さんと小林くん

「金田一少年の事件簿」の公式スピンオフコミック。作者が違うので当然キャラクターデザインも異なります。絵柄の違いの影響を心配しましたが、読んでみると気になりませんでした。
明智さんの華麗な容姿や性格は相変わらずで、明智さんの言動に対する部下の小林くんのリアクションがおもしろいです。
「金田一少年の事件簿」がトリックの推理に重点を置いているのに対して、「明智警部の事件簿」は刑事もの職業ものとして描かれているように思います。