四国は香川県高松市で、5インチゲージのミニ列車を楽しんでいます。

たかまつ2018第3回環境フェア


2018年6月24日(日)、たかまつ2018第3回環境フェア(主催:高松市衛生組合連合会、後援:高松市)では、林地区衛生組合協議会様からのご依頼でミニ列車を運行させていただくことになりました。






前夜の雨でも、グラウンドはほぼ乾燥していており、さらに林地区衛生組合協議会の皆様がトンボで地ならしをしてくださいました。



設営直後、10時の運行開始まで1時間。



林地区衛生組合協議会の方が駅員さん業務をご担当くださいました。



線路周辺では各種バザーが開催されています。左側のテントでは魚のつかみ取り大会が午後一番に開催されました。鯛を確保したちびっ子、蛸を捕ったちびっ子もいましたが、サメを捕ったちびっ子も居ました。サメを持って帰ってどうするんだろうと、思いながらの運転でした。



最終便には「たかまつ夢大使」のお嬢さんがご乗車。運転士さんも元気いっぱいです。ちなみにこの運転士さんは本日のイベントを手伝ってくださった中條さんです。



本日も大勢のお客さまにご乗車いただきました。ご乗車くださいました皆様、林地区衛生組合協議会の皆様、ありがとうございました。


たかまつ2019第4回環境フェア