●服装科
アパレル業界のニーズに合わせた能力開発を目標として、被服に関する総合的な知識と技術を修得。さらに、想像力と美的完成の開発をめざします。

<1年次>
平面・立体裁断によるパターン製作、補正、素材別の縫合など基礎技術と理論を学びます。また、服飾デザイン、被服素材論、モード史などについても学びます。
 
<2年次>
被服の機能性やデザインイメージをふまえたパターン製作技術、および縫製テクニックの向上に努めます。既製服の量産用パターンや色彩、造形の感性を磨いたり、ファッションビジネス論なども学びます。

◆将来の進路
デザイナー(既製服・オートクチュール)、プランナー、CADオペレーター、パタンナー、グレーダー、マーカー、サンプルメーカー、縫製員、生産管理員、商品管理員、ファッションアドバイザー、スタイリスト、教員などの職種に進みます。

●服飾専攻科
服装科2年を終了した後、さらにデザイン感覚を向上させ、高度なパターン製作技術を学びます。また、商品企画から販売計画まで、ビジネスメンからの研究学習も行います。

◆将来の進路
2年次卒業生と同じ職種に進みますが、よりレベルの高い専門職となります。

●技術専攻科
服装専攻科終了後、各自のテーマをさらに高度に専門化し、研究学習していきます。

ファッションビジネス科
流通機構の正確な認識とファッションの総合的知識・技術をあわせ持った人材を育成します。

<1年次>
ファッションの総合的な知識とともに、実際の服作りを通して製品・商品・生産・流通・販売・消費などの視点を確保し、商品活動の原点であるアパレル(被服)を理解します。

<2年次>
商品を、企業活動としてとらえ、その企画から生産、販売、に至る具体的な方法と手段を、技術として学びます。加えて、服飾造形、ディスプレイ、ヘアメークなども学びます。

◆将来の進路
ファッションアドバイザー、コーディネーター、マーチャンダイザー、プランナー、バイヤー、営業企画員、スタイリスト、ディスプレイデザイナー、デコレーター、ヘアメークなども学びます。

●ファッションビジネス専攻科
ファッションビジネス科2年を終了した後、専門的知識を応用発展させるとともに、ファッションビジネスに必要な感性と創造性、またマネージメント的な計数管理能力を養い、流通部門の専門家を養成します。服飾造形、コーディネート論、マーチャンダイジング論などについて学びます。

◆将来の進路
2年次の卒業生と同じ職種の分野に進みますが、より専門的になり指導者的立場になります。