しのはら鍼灸院のご紹介

徳島の静かな住宅街にあります。
学生時代のボランティア活動や病院勤務の経験から、バリアフリーの治療院を建てるのが夢でした。
入り口スロープの勾配も緩やかで玄関前のポーチも広く、車椅子の方も安心して来院できます。
待合室や施術室、トイレもハートビル法を研究して設計施工しましたので、障害があるなしにかかわらず、子供からご年配の方まで、全ての人に優しく安全に設備いたしました。
その中の幾つかを写真付きでご紹介します。 
診療時間    完全予約制

月火木金 9:00〜12:00  
       14:00〜18:30
水曜日   9:00〜12:00 
土曜日   9:00〜12:00
   月  火  水  木  金  土  日
  午前
 9時〜12時
 ○  ○  ○  ○  ○  ○  ー
 12時〜14時  往  往  ー  往  往  往  ー
  午後
14時〜18時30分
 ○  ○  ー  ○  ○  ー  ー
   
休診日
日曜祝日は休診日。 水土曜日は午後休診。  学会等にて臨時休診することがあります。
水曜午後は(社)徳島県鍼灸師会会長として医師会、県庁等への会務のため休診。
土曜午後は、県外での学会、会議等が多いため休診とさせていただいてます。

往診
診療時間の都合で12時から、または20時以降となります。
治療時間は約60分。料金は6,000円です。
歩行困難、寝たきりの方は健康保険の適応が可能な場合があります。
保険証をお確かめのうえ、ご相談ください。

ターミナルケアは院長がご自宅にうかがいます。
住み慣れた環境の中で施術します。



施術料金 内容 料金
全身経絡治療 約50〜60分・身体のバランスを
整え、体質改善も考慮した本来の鍼灸治療。
 4,000円
  治療代3,500円
  鍼代    500円
局所治療 約30分・肩、腰、膝などの部分的な
治療。時間のない方にお勧め。
 2,500円
  治療代2,000円
  鍼代    500円 
 往 診 治療時間は約60分。往診車の駐車スペースが必要です  6,000円
小児はり 刺さないハリ。優しくツボの流に
沿ってさすります。生後3ヶ月から可
 1,000円
学生料金 小学生1,500円・中高校生2,000円・高校生2,500円・大学生3,000円
国保助成券 「徳島市国民健康保険指定施術所」に登録しています
徳島市発行の助成券にて−800円。
 上記の料金より
 800円お安くなります
 
  
各種健康保険も適応できる場合があります。
保険者・一部負担金等により、お支払いいただく金額が異なりますので、ご相談下さい。
なお、健康保険適応の詳しい内容は徳島県保険鍼灸マッサージ師のホームページをご覧ください。 
  
患者さんのお身体の状態により、灸頭鍼・直接灸等も必要に応じて施しますが、全て基本料金に含まれます。
灸頭鍼したから「プラスなんぼ」とは致しません。
一人一人のお身体に合った「オーダーメード」の治療を心がけています。
  
 スタッフ紹介 
 院長 篠原 新作
昭和62年 明治鍼灸短期大学卒業
昭和62年 水田整形外科病院・物理療法科勤務 
平成2年  中西医(ちゅうせいい)結合研究所勤務
平成4年  森松鍼灸院勤務、漢方陰陽会入会
平成9年  徳島にて「しのはら鍼灸院」開業     

現在 
一般社団法人 徳島県鍼灸師会会長            
社団法人 全日本鍼灸師会徳島運営委員
経絡治療学会徳島部会講師
経絡治療学会夏期大学評議委員・講師
徳島県保険鍼灸マッサージ師会常任理事
日本スキンタッチ協議会議長
          

 
仁木 小弥香  (月・水の午前中・金・土の午前中)                        
鍼灸マッサージ師・助産師                  
助産師として病院勤務の後、鍼灸マッサージ師となる。 
四国医療専門学校在学中より、徳島の勉強会に参加(皆勤賞)し、スキンタッチ活動にも積極的に参加した。                
  
  施設紹介 
 
AED設置施設  
鍼灸専門院では日本初!だと思う
当院から一番近いAED施設まで数百メートルあり
急いでも往復5分はかかります。
安心して住める街づくりのため設置しました
       
 

スロープ
緩やかな勾配、幅の広いアプローチ、転落防止と握りやすい手すり。
 

広い玄関ポーチ
180センチ×180センチの玄関ポーチ。
車椅子の回転が可能。
 

玄関と土間、上がり框
玄関の幅広な扉。
上がり框は10センチ(5センチ以下だと段差があると認識しても無意識に平らだと思ってしまい転倒等の危険あり)
また、取り外しのできるスロープも設置できる。


手摺つき待合長椅子
待合室から土間に続く長椅子。
椅子に腰掛けたまま靴が履け、手摺もあるので安心。
                         
トイレ
引き戸も標準より大型。介助者と車椅子が一緒に入れます。
便器は扉の裏側にあたります。
便座が低いと膝が90度以上曲がりますので、膝の悪い方は立ち上がりにくくなりますので、
便器の下にスペーサーを入れ、高さを3センチ上げました。
便座の高さを上げることで膝の曲がりが少なくなり、立ち座りがより楽になります。
また、車椅子の座面高と便座の高さを揃えることで車椅子からの移動をしやすくしてあります。