四国は香川県高松市で、5インチゲージのミニ列車を楽しんでいます。












ミニ列車にかける思い


 
 38年間勤務した会社を早期退職して、体の動くうちに次の仕事を始めたい。との思いから、何をしたいのか?何ができるのか?を考えて考えて結論を得ました。

 鉄道模型としては、昔からHOゲージやNゲージを楽しみながら、25年ほど前からは行事協力という形で毎年一般公開の鉄道模型運転会を、多くの皆様にご覧いただいておりました。

 10年前から乗用模型へのお誘いをいただいておりましたが、当然のことながらサイズは大きく、自作するにはハードルは高く、なかなか始める決心をすることができませんでした。

 2014年、退職と同時に退職金を元手に5インチゲージと呼ばれる乗用模型を始めることといたしました。
 始めるにあたり、インターネットで調べていくと、自分の希望する車種を制作していただけるメーカーさんと出会うことができました。それが「鉄太郎電鉄」様です。

 5インチゲージの業界では大手と思われるメーカーさんの車種のラインナップには私の希望する車種がなく、オーダーメイドで作っていただけるところに魅力を感じました。

 同じころ、現在もヘッドマークのデータでお世話になっている「日本海ファクトリー」様と出会うことができました。

 5インチゲージを始めた2014年に、現在も活躍の場として走らせていただいております「鉄道歴史パーク in SAIJO(愛媛県西条市 伊予西条駅に隣接)」に5インチゲージの常設線路がオープンすることを知り、同年12月に会場をお披露目時に運行の機会を得ることができました。

 これを皮切りに、お声をかけていただいた箇所には、できるだけ出かけて走らせていただきました。すると、会社員時代とは全く違う世界の素晴らしい人たちと出会うことができるとともに、ご乗車いただいた全てのお客様に笑顔でお帰りいただけるという、体験をさせていただくことができております。

 これからも素晴らしい出会いがありますように…
 そして、まだお目に掛かっていないあなたとも出会えますように。